福生市議会議員 杉山行男(すぎやまゆきお )2010年市政活動報告(写真入)

いつもご支援ありがとうございます。 皆様の笑顔に会いたいと走っております。
 

平成22年 6月 市政報告      (他月を見るにはお戻り下さい)
6月30日
福老連芸能大会

6月27日
みんなの運動会


公民館本館まつり


七夕模擬店説明会

みんなの運動会



公民館本館まつり


七夕模擬店説明会
6月26日
むぎの会 朗読会
6月24日
社会を明るくする運動
6月21日
熊川駅 ゴミ撤去

6月21日
水くらい土公園 視察

久しぶりに行った水倉井戸公園は枯れ木が落ち、荒れ果てた感じでした。
写真ではわからないかも知れませんが、土砂も流れ落ちていました。
6月20日
市民音楽祭 2日目


6月19日
井戸端会議


市民音楽祭1日目


中川まさはる 西多摩総決起大会

第5回井戸端会議
ボランティア・NPOなど活動者や活動したい方が集うイベントに参加しました。
基調講演「子育てを地域でささえあい」を拝聴し、



市内在住、ダイナマイトミキさんのコンサート


中川まさはる 西多摩総決起大会
6月14日
中川まさはる総決起大会
6月13日
熊川フリーマーケット
6月12日
ほたる祭り

駐車場は満杯でした

5万人の人でがありました。
6月11日
横田基地対策特別委員会
自衛隊航空総隊司令部の移駐に伴う工事の進捗状況や、防衛省への要請行動について議論をしました。
6月10日
総務文教委員会 傍聴
総務文教委員会にも陳情書が出されました。
1 永住外国人への地方参政権付与の法制化に反対する意見書の提出に関する陳情書
2 人権侵害救済法の成立に反対する意見書の提出に関する陳情書
です。
私は、外国人参政権付与法案には反対です。日本の国のいくすえは、日本国籍を持つ国民が意思表示をして決定するものと思っています。
例えば、皆さんの家に外国の方が泊まっているとします。いわばゲストです。その方が、朝のご飯や夕ご飯の内容まで口を出し、トイレの利用方法や、家族の貯金にまで口を出されたらどうですか? ゲストはゲストなんです。帰る国もあります。そのための国籍です。我が国の基幹をなす選挙権付与などはとんでもないことです。
現政権が、マニフェストに約束もしていない法案(闇法案といわれています)を次々に成立をさせようとしています。日本を解体する革命だという人さえいます。
この陳情も重要なものです。

人権擁護法案というと題名からは反対できないような言葉ですが、内容は、ゲシュタポやヒットラーを思わせるような闇法案です。
自由な言論が出来なくなるといわれ、なぜ今この時期に、国民の前で議論もしないまま提出をするのか疑問だらけです。
ネットの時代ですから、是非調べていただき、本当の内容を知って欲しいと思います。
6月9日
市民厚生委員会
今回の委員会は、陳情を2件頂きました。
1 選択的夫婦別姓制度の法制化に反対する意見書の提出に関する陳情書
2 子ども手当の廃止を求める意見書の提出に関する陳情書
でした。
どちらも、とても重要なテーマです。
私に取りましてはすぐにでも意見書を出したいと思うものです。
しかし、陳情書の内容を賛否両方から議論をしました。その結果参議院選挙も控え、政局をみて結論を出したいと継続審査となりました。
6月8日
建設環境委員会 傍聴
建設環境委員会委員ではありませんので、会議の傍聴をしました。
役所の周りに植栽されている、やまぼうしの白い花が可憐でしたので、1枚パチリと撮影しました。
6月6日
環境フェスティバル

骨董の岩崎絃昌氏の講演と鑑定が行われ、お宝がありました。

6月6日
ボイボイフェスティバル




6月6日
福生市制40周年記念
アマチュア無線局 8J1FUSSA
開局式

電源をコンセントに差し込み火入れ式をする加藤市長です。
6月5日
町内舗装 修理

5月29日現在
       ↓
6月5日修理しました。

うっかりしていたのですが5月29日に発見した、ほそうの穴ぼこでした。
通学路でもありますし、補修をお願いしました。
早速応急修理をしていただきました。
6月3日
本会議3日目終了後
福生市制施行40周年記念局
8J1FUSSA 運用へ

市制施行40周年を記念して電気通信管理局より特別許可を受けたアマチュア無線局、コールサインは8J1FUSSA。
6月1日から10月31日まで運用を開始しました。
4日目の終了後おじゃまいたしました。
夕方から、夜9時まで運用を行いました。
これからは、空いた時間を見つけて運用に参加をして、元気な福生をPRしたいと思います。
6月2日
一般質問
「子ども手当について」
質問約57分です

一般質問  質問項目
1 子ども手当について
(1)在日外国人の母国に住んでいる子どもにも支給することを含めた子ども手当受付状況について
(2)児童手当や児童育成手当との関連について
(3)保育料や給食費滞納者に対して子ども手当からの納入要請について
(4)支給に関連して廃止された扶養控除等税制改正の影響について


 今回の一般質問は、子ども手当について質問をしました。
国の施策ですが、市民生活や窓口業務に影響があるのか質問をしました。
外国人の方の母国に住んでいる子どもさんにも支給がされてしまうこの法案がはたして良いのか疑問を持っています。
福生では16人の方に海外送金がなされます。
それから、所得税を納めている方は、増税になることも、公にしなければという思いがありました。
テレビや新聞などは、支給されて喜ぶ方の写真や動画を報道し、扶養家族控除38万円や特定付与控除上乗せ分25万円が撤廃されたことは報道しません。
議事録にも残し、ビデオ録画にも残して、市民の皆様に実態を知って欲しいとの思いがありました。
ただ、今までの児童手当でも実行されてきましたが、金額がすくなっかこと、所得制限があったことなどもあり、問題視されてきませんでした。
国民の富が、外国に住む子どもさんにも大盤振る舞いをするほど、我が国の財政は豊かなんでしょうか?
日本の子どもたちに支払いを負わせる借金までしている状態で、国民の皆さんは賛成なんだろうか?
そんな気持ちもありました。
子ども手当は、1年限りの法案ですので、続けるのなら住所要件や国籍要件、所得制限、それから財源に裏付けされた金額に修正すべきです。
でなければ、児童手当の住所要件や国籍条項を修正するべきでは、と思います。
どうか、ご理解とご協力をお願いします。
6月1日
6月定例会初日

開会前の議場。自席からです。


議会から帰宅途中地元熊川駅で転落事故の現場に遭遇、人命には影響はなかったようですのでほっとしたところでした。
5時過ぎとはいえ、飲み過ぎには注意いたしましょう。



戻る



CopyRight  Sugiyama Yukio 
転載厳禁